引っ越しの思い出

引っ越し。

僕は子供の時に2回しました。

1回目は、小学校に入る前。まだ物心もたいしてついてなく、
当時、あまり大事(おおごと)に感じていなかったような気がするのですが
それが大事になったのが引っ越し当日。
唯一、僕がご挨拶に行ったところが、
とっても仲良かった友達のうち。
普段は楽しくおしゃべりしていた相手。
が、引っ越しの話を母同士で伝えていたのか、向こうも察していて、
その日は会った途端一言も交わせなかった。
言葉が出てこなくて黙りあったままお別れをしました。
かわいらしいエピソードですね。


2回目は小学校二年の終わり。
なので、次の小学校は三年生からの編入になった。
春休みだったこともあり、ばたばたと引っ越しをした。
お別れもしなかった。
ただ、この小学校の2年間はいろいろな事が起きた2年間だった。
授業の記憶はさっぱりだが、
友人たちとのいたずらとやんちゃの記憶が沢山ある。
小1から小2の間でなぜか牛乳が飲めなくなった。
野良犬をこどもだけで飼うのだと奮戦した。
秘密基地をいっぱいつくった。
悪さもわんさとした。たくさん笑ったし、たくさん泣いたから
引っ越した後に、何度も思い起こされる記憶だらけである。
濃密だったんだな。

その後、今住んでいる場所にずっといる。
引っ越しというより、進級によっての出会いと別れの方がずっと多くなった。

年々、段々、記憶だって美化されたり、混ざったりしていくが
この2回の引っ越しは僕の区切りとしてはとても大事だった。

葛飾北斎は生涯で90回以上引っ越しをしたと言われるが
その全てに大事な事があったのかもしれない。

大人になってからは、自分の引っ越しより、他人の引っ越しに感慨ぶかくなる事が多い。
大抵の場合、いきなりやってくる。
もう、距離というものはどうしようもない。
電話やメールがあるじゃない!と思っていても、どうにも難しい。
2回の引っ越し前の友人たちには、その後、一度も会ってはいない。
引っ越しというのはそういう残酷さがある。
ただ
とっても多くの人に出会えるようになったし、たくさんの土地に行ったのだ。
とても世界が広がった。
それはとても良かった。

忘れられない地域のお祭り

僕が育った街、台東区。
お祭りといえば三社祭が有名。
それにともない、朝顔市やほおずき市、羽子板市など市もいっぱい。
町内会もお祭りに力をいれてて、年中そこらで神輿や山車がわっしょい!わっしょい!しているイメージ。

お正月、我が家に親戚中があつまっていた。
家から歩いて15分くらいのところに、子ども連中が集って毎年行く神社がある。
小野照崎神社。
パワースポットとしても最近は有名だ。
夜、子供だけでこんなに長く外を出歩ける日はない。
だから毎年興奮してた。
なんで子供だけかというと、大人たちは夜ともなると泥酔しているからだ。
監視の目も随分と甘くなっている。
母のお兄さん、つまり大きい叔父さんが、ポッケから小銭入れを取り出し
大人たちから小銭を集め、投げてよこす。
1円、5円も含め、じゃらじゃらいっぱい。幾ら入っているか?なんて数える気も起きないが、
50円や100円も結構見えたから、子供らが楽しく遊べるくらいは毎年入っていたと思う。

夜道は普段よりもずっとライトアップされ
下町の一角に、子供のぎゃあぎゃあいう声や、普段着慣れない着物姿の人たちがあふれている。
ぱっと見でとっても楽しそう。あの中にどんどん紛れていく。
神社の中がどれくらい広いか、もうわからない。普段とはまったく様相が違う。
人がいっぱい。屋台がいっぱい。ライトがいっぱい。笑い声とおじさん達の声がいっぱい。
楽しそうはとうに終わり、楽しい。
いつのまにか口の周りはソースとマヨネーズと甘みでいっぱい。
両手は何かでいっぱい。お腹もいっぱい。
どれくらいいたかもわからず、意気揚々とお家へ帰る。
正直、誰と行ったかすら覚えていない。楽しかった。
帰宅すると大人たちは特に変わらず大騒ぎをしている。
「まったく…」とその時ばかりは自分のほうが大人に思える。
楽しい楽しい騒がしい夜。

僕の地元のお祭のイメージはこんな感じ。

僕はお芝居をやっている。
お祭りのような、楽しい処にいつの間にか迷いこむような
そんな公演を作っていきたい。
どうぞ、いつだって遊びにきてください。

初日を終えまして


初日あけました!
『充電するリアリティ』
楽しかったなぁ。
感情は作れない。
俳優なので、役の内面とかは考えるけど。
昨晩の舞台は、たくさんの感情が生まれて来て、嬉しかった。
この作品、まだまだ成長を続けている。
初日らしく、バタバタしてたりトラブルあったりもあったが、1番好きなステージだった。
今日は2ステージ!
みんな見た方がいいよ。

twitterの感想まとめを作ってくれました。#もじゃへら
うちの劇団の榎本くんも書いてくれた。
http://togetter.com/li/997616
・・・・・
マグカルシアター
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 5周年記念公演
『充電するリアリティ』

作:河田唱子 (へらへら眼鏡)
演出:笹浦暢大 (もじゃもじゃ頭)
振付:松田鼓童
【劇場】神奈川県立青少年センター2F多目的プラザ
横浜市西区紅葉ケ丘9-1
【スケジュール】残りステージ
7月
9日(土)14:00 / 19:00
10日(日)14:00 / 17:00
【チケット】
一般 3000円
高校生以下 1500円
※当日券は200円増し。
チケット予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/74649/SEN/

『充電するリアリティ』

こんにちは!千田です。
先日、東京インプロフェスティバルのOpening Actとして、『インプロモンスターズパーティ』を上演しました!
客席は国際色豊かだし、なんせ即興なので、非常に緊張してたんですけど、
はじまってしまえば、会場全体は熱気と笑いに包まれてるし、仲間たちもみんなエネルギッシュだし、あっと言う間の1時間半だった!
あんなに楽しんでくれて、あんなクセ者ぞろいのメンバーたちを受け入れてくれて、幸せだし、感謝です!
ほんとうにありがとうございました(^O^)/

東京インプロフェスティバルは、新宿南口から徒歩7分ほどのプーク人形劇場にて月曜日まで開催してます!
僕はといえば、来週行われる演劇公演の集中稽古中!ずっと並行作業だったので、頭フル回転でしたが、ひとつ終わり、少しずつクリアになって来ました。集中!
IT企業を舞台とした会話劇!
なのですが、日に日にボディランゲージが増えて来ました(^O^)
誇張表現ということではなく、ボディでのやり取りが!筋肉が痛い・・・!!
憎めない面々が、ひたむきに稽古に励んでおります!驚きのシーンともつれる人間模様を、ぜひ楽しんで貰いたいです!
場所は、桜木町駅から徒歩10分ほどの神奈川県立青少年センター 多目的プラザです!赤レンガやマークシティ、野毛山動物園など、近く楽しいスポットもいっぱい!美味しいお店もたくさんありますよ!

◇◆◇◆◇◆
7月8日(金)~10日(日)!
マグカルシアター
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 5周年記念公演
『充電するリアリティ』
chirashi_9108.jpg
作:河田唱子 (へらへら眼鏡)
演出:笹浦暢大 (もじゃもじゃ頭)
振付:松田鼓童
【劇場】神奈川県立青少年センター2F多目的プラザ アクセス
横浜市西区紅葉ケ丘9-1
【スケジュール】
7月
8日(金)19:00
9日(土)14:00 / 19:00
10日(日)14:00 / 17:00

※9日(土)14:00はキャンセル待ちでのご案内となります。

【チケット】
一般 3000円
高校生以下 1500円
※当日券は200円増し。
▶ 予約フォーム
大手IT企業「ジャパンシステムズ」の
VR(バーチャルリアリティ)事業部は、
「その人が愛する記憶を映像にする」サービス
『Dreamer(ドリーマー)』の
リリースを目指していた。
どうにか迎えた5周年。
人事部の島崎が現れ、
こう告げた。
「VR事業部が、売り飛ばされる」
しかも売られた先は、
我が国初の民間軍事会社!
どうなるリーダーの山本、
そしてその他の人たち!?
chirashi_4364.jpg

7月1日(金)のインプロフェスティバル上演に向け

昨日は、東京インプロフェスティバルに上演する
『Impro Monsters' Party』のリハーサルを行いました。

全体の流れを、主催であるインプロジャパンさんのスタジオにて
総合演出をしてくださっている、インプロジャパン代表の池上さんに見て頂きました。
フェスティバルとのすり合わせを行い、昇華していく日。

さて、インプロとは?

欧米では一般的な用語なのですが
improvisationの略で、「即興」という意味です。
即興で行うこと全般のことを、インプロと呼んでいます。
僕らで言えば、即興でシーンづくりをしたり、即興で演劇公演を行うショーを見せております。

より詳しいインプロとは?には以下サイトを読んで頂いた方がよいかと思います。
インプロジャパン サイト内「インプロとは」
Wikipedia「即興劇」


池上さんの助言は鋭く、明確でした。
ほぼ、再考すべきところもあり、具体的に洗練していくべき点もあり。
集約してとらえると
「さて、何を見せたいチームなのか?」という点を、とどのつまり
浮き彫りにしていく作業でありました。
再びチームメンバーだけにもどり、さらに奥の奥まで話し合い、
稽古でさらに突き詰めていく点を洗い出して行きました。

稽古?
即興なのに稽古するの?

時折、聞かれる質問です。

即興でない作品づくりでも同様ですが、稽古は随時します。
スポーツ選手と同じだと思うのですが、演じる感覚を作っていきます。
チーム作りを繰り返します。新しい発見を広げていきます。
休むと鈍っていきます。

雨降って地かたまるを、何度も何度も体験し、安寧とすることなく、本番に向って突き詰めていきます。

そういうわけで
一昨日よりも昨日、昨日よりも今日、
どんどんいいチームになって参りました!


東京インプロフェスティバルは、7月1日(金)〜4日(日)まで
新宿のプーク人形劇場にて開催されます!
日本のみならず、海外からの出演チームもあり、初夏を飾るにふさわしい、元気あふれるフェスティバルです。

僕らが上演する『Impro Monsters' Party』は、
オープニングの7月1日(金)19:30より。

演劇やスポーツ、映画や遊園地
多くの娯楽と楽しみ方はなんら変わりません!
きっと楽しい物を提供できるのであろうと思いますので
ぜひぜひ遊びに来てくださいね!!

 ● ◯ ● ◯ ● ◯ ● ◯ ● ◯ ● ◯ 

7月1日 19:30開演!!

東京インプロフェスティバル オープニングact
『Impro Monsters' Party』

tif2016.jpg

<フェスティバル開催日程 6月30日(木)〜7月4日(月)>

【劇場】新宿・プーク人形劇場  アクセス

【出演】
大浦さやか(即興歌劇団☆ハイスピリッツ)
白井文(インプロジャパン)
千田剛士(シアターキューブリック)
中西悠(INNERSPACE)
野島竜太郎(LongForm Project)
日向大祐(Theatrical Magic Project)
三上正晃(即興劇集団インプロモーティブ)
横内浩樹(AsteRisk)
 五十音順

【チケット】
前売: 2,800円
当日: 3,000円
ペアチケット: 5,000円
高校生・中学生: 1,400円
小学生以下: 1,000円

シカゴ、ロンドン、アムステルダム、シアトル、そしてニューヨーク...。世界では毎年のように「インプロフェスティバル」が開催されています。そして、ここ東京でも、「東京インプロフェスティバル」を開催いたします!!
8回目となる今回も、国内外から集まったインプロパフォーマーによるインプロを、5日間存分にお楽しみください。

フェスティバル詳細・チケットのお申し込みはこちら
▶ http://www.tokyoimpro.jp/


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

それと、、、
同時進行で稽古しております。
台本ありの演劇公演に出演します。
こちらもどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

7月8日(金)〜10日(日)!

マグカルシアター
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡 5周年記念公演
『充電するリアリティ』

chirashi_9108.jpg

作:河田唱子 (へらへら眼鏡)
演出:笹浦暢大 (もじゃもじゃ頭)
振付:松田鼓童

【劇場】神奈川県立青少年センター2F多目的プラザ アクセス
横浜市西区紅葉ケ丘9-1

【スケジュール】
7月
8(金)19:00
9(土)14:00 / 19:00
10(日)14:00 / 17:00

【チケット】
一般 3000円
高校生以下 1500円
※当日券は200円増し。

▶ 予約フォーム


大手IT企業「ジャパンシステムズ」の
VR(バーチャルリアリティ)事業部は、

「その人が愛する記憶を映像にする」サービス
『Dreamer(ドリーマー)』の
リリースを目指していた。

どうにか迎えた5周年。
人事部の島崎が現れ、
こう告げた。

「VR事業部が、売り飛ばされる」

しかも売られた先は、
我が国初の民間軍事会社!

どうなるリーダーの山本、
そしてその他の人たち!?

chirashi_4364.jpg

プロフィール

千田剛士

出演情報
◎チケット発売中!◎

東京インプロフェスティバル2016
Opening Act
『Impro Monsters' Party』
7月1日(金) 19時30分開演



フェスティバル開催日程
6月30日(木)〜7月4日(月)
※内、7/1(金)19:30に出演

インプロ=即興!

世界では毎年のように「インプロフェスティバル」が開催されています。そして、ここ東京でも、「東京インプロフェスティバル」を開催いたします!!
8回目となる今回も、国内外から集まったインプロパフォーマーによるインプロを、5日間存分にお楽しみください。

<詳しくはこちら>


劇場:新宿
プーク人形劇場



出演情報

マグカルシアター
もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡

『充電するリアリティ』



作:河田昌子
演出:笹浦暢大
振付:松田鼓童

 大手IT企業「ジャパンシステムズ」のVR(バーチャルリアリティ)事業部は、「そのひとが愛する記憶を映像にする」サービス、『Dreamer』のリリースを目指していた。
どうにか迎えた5周年。人事部の島崎が現れ、こう告げた。
「VR事業部が、売り飛ばされる」 しかも売られた先は、我が国初の民間軍事会社!
どうなるリーダーの山本、そしてその他の人たち!?


神奈川三代目劇王である、もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡がお贈りする!渾身のIT群像劇!!



◆スケジュール◆
7月
8(金)19:00
9(土)14:00 / 19:00
10(日)14:00 / 17:00



◆チケット◆ 一般 3000円
高校生以下 1500円
※当日券は200円増し。

●チケット予約フォーム●





最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ