僕だけの銭湯マナー

銭湯、行ってますか?

最近は、
近代的な銭湯アリ!
温泉アリ!
露天風呂アリ!
昭和レトロもまだまだアリ!
で、
銭湯も非常に楽しい場所となっております!
それでいて、健康にも良く、
大衆の中に身を置くことで、心身のリフレッシュにもなるという
いい事づくしの銭湯!

というわけで、僕も、墨田や近所はおろか
地方都市へ出かけた時や、見知らぬ土地で時間が空いた時など
ついつい、銭湯へ出かけてしまいます!
シャンプーやソープなども完備の銭湯もぞくぞく増えてますし、
お風呂セットもあり、
なんなら、手ぬぐい一本あれば気軽に行っちゃいます。

チェーン店という概念が一切ないので
各銭湯で、その様相は様々!!
湯船や浴室のみならず、サービス環境や、脱衣所の状況、
そして無くてはならない、番台のおじさま、おばさま、お兄さま、
入浴後に飲まねばならない、コーヒー牛乳の銘柄も要チェックですね!

ところで、銭湯行くときってどんな事こころがけてますか??

僕は、いくつかあるのですが、一つあげるとすれば
靴箱は上の方を利用するようにしています。
人気があがってきたとは言え、まだまだ高齢者が客層のかなりの数をしめておりますからねー
姿勢が大変な場所の段は、ぜひぜひ、まだまだ若い方の僕なんぞが使うべきと思いますー
ま、これにはもう一つだけ理由があって・・・
僕、案外、ゲンを担ぐ方なので
「1番」とか「7番」とか、そういったラッキーナンバーが空いていたりすると
すぐさま奪取してしまいます。
それは大体が、上の方の段にあるので逆にラッキーだったりと!

銭湯はみんなの空間ですからねーー


あと、あれかな

湯船はなるべく、隅っこに入るようにしています。
みんなの湯船ですからね。

そんなわけで皆様、銭湯、どしどしお楽しみください!
下町は銭湯のメッカ!
東京だったら460円握りしめて!銭湯へGOーーー!!!

鍵にまつわるエトセトラ

小さい頃は鍵っ子でした。



ほんの数年の間でしたが

朝、学校に行く前に、紐にくくられた鍵を首に掛け、

ぷらぷらさせながら学校生活を送る。

ずっと首についてるもんだから、今で言うと携帯電話並みに、ずっと鍵をいじってました。

ペンを回す代わりに鍵を回してました。



回し過ぎて飛んでっちゃったりしたり、

テキトーにそこらの扉を開けようと試みるもんだから、変形しかけて自宅のドアを開けるのに苦労するようになったり、

走り回って、紐引っ掛けて、首吊りそうになったり。

まーーー、いろんな体験をしました。

最近は物騒だという事もあり、首から鍵かけてる子供を見ないですね。

鍵っ子って、なんとなく世間のイメージが、「寂しい」「まずしい」「孤独」などなど、かわいそうなイメージが先行するようですけど、



実際の僕はそんな事もなく、

例にもれずの男の子だったので、首に掛かったそれはまるで何かへの変身アイテムかのように特別に写ったものです。


僕にとってのGW

ゴールデンウィークどうでしたか?
僕の職業の場合、世の中が休みのときほど忙しかったりします。
今年も例に漏れず、忙殺されておりました。

たまたま僕は日本各地へ行く機会が多く、
都道府県もほぼ制覇したかな?と。
飛行機も鉄道も、バスもたくさん乗りました。
休みの時に温泉にでも〜とか、もう思ったりしないかな〜〜
と思うのですが
いや!
するぞ!!!
行きたいぞ!!!!!
と。
休みの日にはやはり遠くへ行きたい!
温泉入ったり、美味しいもの食べたり、知らない街を歩いたりしたいのでした。

思い返して見ると
よく行くのは北や東。あとは関東近県。
これは行きたいぞ!西!
中国、四国、九州と、攻めて行きたいぞ!
という気持ちがむくむくと起き上がってきます。
なので今年の目標は、GO WEST!
GWなのであります!!!


そういえば、今年のGW(ゴールデンウィーク)、久しぶりにあることをやりました。
風呂掃除です。
浴槽をきゅっきゅ!というレベルではありませんよ。
壁から天上から、パイプの周りやサンやガラスに鏡にと、とことんやりました。
最初はなかなか変化を感じられなかったのですが、一所懸命ブラシでゴシゴシしたら
おー!おもったよりずっと白くなっておりました。
GOSHI GOSHIしたら、WHITEになりました!GW!!!!
なんかすみませんm(_ _)m

お弁当にぜひ入れたいおかず

実は散歩が趣味なんですが

桜の季節ということで
合間、隙間を縫って、桜の花の歩き鑑賞しましたー

本当は、お弁当でも持って
ゆらりゆらりと舞い散る桜の花びらを浴びながら
ゆっくりとした時間を持ちたいものです。

中身はおにぎりと卵焼きと佃煮でいいですね。
シンプルな味を楽しみながら、ピンク色の景色を楽しみたいです。

お弁当といえば
おい!こんなものお弁当でもってくるなよ!
っていうチャレンジャーな奴らがいっぱいおりましたね。
今やいい思い出ですが
カレー、お好み焼きはなんのその!
あ!
うちの母が僕に持たせたお弁当で一番驚いたのは
おでんですね!
なんかタッパー入ってるなーーーー、と思ったら
おでん!
たまご、ちくわぶ、こんぶ、じゃがいも、がんも。
それを覆い隠す、たぷたぷの汁!
もうちょいやんちゃだったら、学生カバンが当たり前のように
出汁の香りで溢れるところでした。
あと、やってくれたのが、
おせちですね。
もう正月とっくに終わってるのに、新学期始まった教室で披露するハメになる
伊達巻や黒豆はきつかったです。
僕の中でお弁当といえば、こんな感じです。

そんなわけで花見の季節ですが
楽しんでますかーーー??
花見酒もよいですが、桜はやっぱりお日様浴びて、桃色を輝かせている姿が一番好きです。
散ってしまう前に、ゆっくりと桜ピクニックできたらな、できるかなーー?
と、思う今日このごろであります。

この際、お礼を言いたいこと

3月9日はサンキューということで

「ありがとう」について考えてみました。

これまでだいぶ生きてきましたが
たくさんの方が浮かんできました。
そっと心に残る言葉をくれた方
共に戦ってくれた方
困ったときにはすぐ力になってくれる関係でいてくれる方
先陣をきって元気な方
大切なことを教えてくれた方
無意識ながらも一番欲しいことをくれた方。
などなどなど

そんなことを考える一日となったわけですが
この際
お礼をいっておこうという方が一人。

その方は「シロ」といいます。

小学校二年生の時に飼っていた犬です。
飼っていたと言っても
家や学校で、ではなく、公園の一角でこっそり飼っていました。
出会いのきっかけはなんだったかな
なぜか僕らにすごく懐いてくれて
友人の一人になってくれて
上級生たちと取り合いになり、喧嘩の体験もさせてくれました。
あの時はいっぱい泣きました。勝って。
共に生きるために思考をめぐらさせてくれました。
放課後に会いにいくと、いつも嬉しそうにしてくれました。

結局は、そんな少年がどうこう考え、行動しようと
公園の茂みにすずらんテープで繋いだり
なけなしのお小遣いで買ったお菓子を与えたり
今日は忙しいからと行かなかったり
まぁ、ひどいもんで。
こっそりといったものの、親にもすぐバレて。
団地だったので、家で飼うわけにもいかず、
知り合いづてに貰われていきました。

たぶん、ほんの数日の出来事だったんじゃないかな。

ぼく、少年時代の記憶がびっくりするくらい少ないんですが
この事は、くっきり。
動物との付き合い方も考えさせられたし
命への責任とか
愛情とか
友人とは?とか
たくさんのことを貰った時間です。

シロ、ありがとうね!
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ