FC2ブログ

サンタさんにお願い!

12月になりましたねぇ。

12月といえば、、、
僕の中ではクリスマスというよりサンタさんだったりします。

一年間良い子にしていたらサンタさんがクリスマスプレゼントをくれる!
と本当に思っていたし、頑張って良い子にしてましたよ。

だけどまぁ、マセガキでもありましたので
サンタさん=お父さん
という図式も当然のように信じておりました。

めんどくさい子でしたね。

ところが
僕が小学校1年生の頃
その時は団地に住んでいて、広い集合団地に一軒だけあるおもちゃやは
僕らの遊び場のひとつでもあり、お店のひととも仲良くしてました。

そしてクリスマス。
家族でパーティー。
ちっちゃいながらもクリスマスツリーが立ち
ケーキやチキン、その他ごちそうが並んでいた。

父、母、兄、僕

わいわいやっていたら、♪ピンポーンと鳴りました。
なんだろう?こんな時にと思っていたら
やけに家族が僕に、扉を開けてこいと促します。
普段そんなことしないわけですから、やだやだ言ってたら
いいから行って来いと兄が。
しぶしぶドアに向かいながら、はーいと返事をし
そしてドアを開けると、
そこにはサンタさんがいたのです。

メリークリスマース!

サンタさんはそう言いました。
が僕は言葉が出ません。
そしてサンタさんはプレゼントをくれました。
僕の欲しかったチョロQのレーシングコースキットです。
僕は受け取りません。
後ろでは両親がニヤニヤしながら近づいてきます。
僕は何が何やらわかりません。
サンタさんはまたなにやら喋り、さっそうと帰っていきました。
ソリに乗っていたかは定かではありません。

父も母も兄もそこにいるのに、あのサンタさんは誰・・・?
もしかして本物の・・・


ま、その後あっさり「あれは、おもちゃ屋さんのお兄さんだよ」とバラされまして
「あ、なーーんだ!」と僕は答え、ひとまず楽しい時間を過ごしましたが、
どうにも信用しておりません。あれは本当に、おもちゃ屋さんのお兄さんなのか?もしかして本物の・・・


今となっては、そりゃ、おもちゃ屋の店員さんだったんでしょうけど
当時のマセたての僕にはとても不思議な出来事でした。
こんなドキドキすることがまさか起きるとは思っておりませんでしたから。

こういうサービスって最近はあるのでしょうか?
手間もかかるし、あがりも変わらないし、大変でしょうが
どうかお願いです。
またどうぞ、プレゼントを持って一年いい子にしていた子のもとにプレゼントを持っていってあげてください。
これまでもらったプレゼントはほとんどがどこかへ行ってしまいましたが、この素敵な出来事だけはずっと記憶に残っています。
僕にとってはやっぱり、サンタさんはそこに居ましたから。
ですので、サンタさん、どうかお願いです。
今年も一年いい子にしていたつもりなので。
プロフィール

千田剛士

リンク
最新記事
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-