あぶくま洞にて…嵌った!

福島!

で、一日あそびました。
楽しくも厳しい、前日のSPD出動!から翌日
気持ちもあらたに。

予定があり、帰っちゃう人もいるなか
総勢9人!平均年齢30ウン才!がカッペイ号に乗り込み出発です!

1、あぶくま洞という鍾乳洞に向かう
2、会津の繁華街へ繰り出す!

の2択。
あぶくま洞のパンフレットにあった
「探検コース」というのに惹かれて「あぶくま洞」へ向かった!
いい大人が「探検」というワードに惹かれるあたり、
朝一からもうフィーバーしてたのさ。
いぇい!いぇい!



ここは「あぶくま洞」!
自然が作り出したマジカル空間さ!
「あの壁はきっと、木ボン(木工用ボンド)を垂れ流したんだねぇ」
「なるほど。あそこの質感は木ボンの上に砂粒をばらまいたのでしょう」
「ほぅ。砂をつかうとは通ですねぇ」
「リアルさが増しますからねぇ。」
「ほほう、このベンチの方が作るの難しそうですなぁ」
などと、初っぱなからウルトラ2B団の小道具も担当している大野さんと
自然冒涜トークに花を咲かせた。
ちなみにこの大野学(おおのがく)さん。身長が187cmもある巨人だ。
この巨人さんがこの後、あぶくま洞を120%楽しむはめになる。
僕らも大笑いした。

暗くて写真にほとんど収められなかったかったのが残念だが、
大野さんが何度も
鍾乳洞のすきまに「はまった」
みごとに「はまった」
それが「一般コース」
「探検コース」に突入するととにかく「はまった」
ひとり、「大探検」をしてました。
おつかれ、大野さん。

しかしとにかくすごい空間だった。
「自然をばかにしてごめんなさい」
と素直に思えるほど、すばらしかった。
先にすすむほどそれは感じられた。
洞内にたくさん掲げられた
「頭上注意」と「撮影禁止」の看板。
どうやら自然保護が目的のようだけど、
まるで見ないふりをするかのように
あちらこちらでシャッター音やフラッシュ光が見てとれる。
人間とはなんて野蛮なんだろう。
自分さえ良ければそれでよいのだ。
そのせいで、何年も何十年も早く鍾乳洞に寿命がやってきてしまうのだ。
この素晴らしい世界を見られる人が何百、何千、何万と減ってしまうのだ。
とても不快な気分になった。
そんな気持ちにさせないでほしい。
だから僕のように隠れてそっと携帯カメラで撮るくらいがいいのさ。
まったく。
信じられないな。

ま、わずかではありますが、
「あぶくま洞」の感じをあじわってください。
実物はさらに何十倍も大きいです。
歩いて1時間くらいかかるのですから。頭上注意

鍾乳洞きのこ型

鍾乳洞メルヘン



「あぶくま洞」をでて、ごまソフトクリームを食べ、串焼きや焼き魚を喰らい、
次へ向かった。
その名も「そうめん滝流し」

そこは流しそうめんの店だった。
だけど、そうめんを流す竹は、一所から放射状に一人一本あった。
おばちゃんが面白トークを交えながら上から流す。
ランダムに流す。
一部にいっぱい流れてきて、結局たまったそうめんを大野さんにあげてたり。
流す意味がない。
そういったことが異常に面白く、盛り上がった。


おなかも満たしたし、いざ東京へ帰る。
車の中ではいい加減疲れがたまり、うとうとし始める。
カッペイさんが「勇者王ガオガイガー」を熱唱しはじめる。
くだらない話をしたりする。
今回の企画の思い出を語ったりする。
途中、遠くで花火が見えた。
「今年の夏が終わっちゃうね」
などと言う。
宇都宮S.A.で餃子おにぎりを食べる。
また振り返る。
車中、明日からの予定を言い合う。
だんだん元の生活にもどっているのだ。
芝居の公演のバラシがキライだ。
それに似ていた。
7時間。
車にゆられ、東京についた。
ひとり、またひとり、車から降りていく。
そして僕もおりる。
赤羽から京浜東北線にのって家へ向かう。
最寄り駅のホームへおりる。

不思議だった。
まるで初めて来た場所のようだった。
僕は福島から自宅へ旅行にやってきたのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ