仏壇職人とお坊さんが、不思議なセッショントークしたりする会へ!



いつもお世話になっている
加納さんのお誘いで、
ヨガの先生のユーゴとそこの受付娘も一緒に

「TOKYO仏壇ナイト」

というイベントに参加して参りました~


これの主催である都築さんという方は

昨年、代官山で「戦国アート祭り」というイベントにキューブリックで参加した時に
お隣りのブースで「武壇」という
「戦国武将の兜」と「仏壇」をコラボしたアート作品を出展されていた方。

とても気さくで
初めましてだったのに、あっさり仲良くしてくれた人でした~。


愛知の三河で「三河仏壇」をしっかりと継承されているちゃんとした人です。

愛知でやってるイベントを今回は東京でということらしいです。


行っていきなり始まったワークショップが

「心を磨く」ワークショップ。

おお、厳かだ!

と思いきや、


IMG_1550.jpg


「心」という木彫りをサンドペーパーで文字通り「磨く」というものでした!

これが、あなどるなかれ。

はまる!

やすればやするほど、人それぞれの個性が出てきて
時間を忘れる!忘れる!

「自分のペースでいいんですよ~」
と言ってた都築さんが
「あ…、そろそろ次の予定がありますので、そろそろフィニッシュで…!」
と巻きに入るぐらい。

IMG_1551.jpg

磨いている時のユーゴです。
はいってるでしょ。

後日、「心」披露会をすることにしました~
その話題は、またその時に。


さて、トークショーが始まりました。
三河の仏壇職人の都築さんと
東京の、会場である緑泉寺の住職さんの青江さん
と、名前が覚えられなくてスミマセンなんですが、一般代表の方
の三人でのフリートーク。

テーマは「心」でした。

仏教でいうと「心」は
六識といって、
視、嗅、味、聴、触覚の五感のまた別の部分のことをいうらしいんですが
これを話すと最低でも2時間とかかかっちゃう
半年はかるく勉強していられる話らしく割愛されてましたが

これはこれとして
どう関わっていこうか~
というお話でした。

途中から
「お化けはいるのか~」
という話題になり、
さてさて、幽霊はいるんでしょうか~?
という疑問がふられ、住職さんは

「ん~、いるかいないかといわれたら……、わかりません」

それに、心霊とかに基本的に興味がないので…
と言っていました。
ビックリ

さらには袈裟からi-phoneを取り出し
世俗の中に普通にいる感じでございました。

しかししかし
よくよく聞いてみると
仏教徒はスピチュアルなものではなく
その逆はマテリアルか…?
みたいな話題もありましたが、それでもなく
もっと中くらいなもののようです。

中庸

とか言いますね。

だから、
「これをやればもう大丈夫!」とか
名言している宗教はアブナイから気をつけろ!
だそうです。ツボとか値段とか

なんとも面白いトークでした。

お盆も、ホントは住職に言わせりゃ
ご先祖をわざわざ大事にしなくてもいいらしくて

ルーツがあって自分があるのだという事を
ただ知っていてほしいのだそう。

親がいて、そのまた親がいて、さらにまた親がいて
そうして自分がいる。
はたまた、その他の人間たちも
さらには動植物たち、まわりの物たちなど
あらゆるものが自分に関係ある。
そのことを知って、大事なことだと思っていればよく
その中にご先祖があるに過ぎないのだそうだ。


お焼香にも宗教や流派、TPOに応じて多種多様なやり方があるそうです。
頂いたり頂かなかったり、回数がいろいろあったり。
基本的に、住職さんのところでは「これ」というやり方があるそうですが
大事なのは「相手がいる」という事、あとは、
やり方はどうぞ、自分の思うようにやりなさい。
とのことでした。
すばらしいですね。


非常にざっくばらんな会だったのですが

最後に住職さんが短く
お経
をあげてくれて。
いい「締め」をくださいました。

あ~楽しかった。






プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ