またもやハロウィーン



また見つけちゃいました!
「ディズニー・ハロウィーン」!!
の、巨大な看板!

渋谷ハチ公口前!!!!!!!!!!!


縦向きなポスターに比べて横向きデザインは
より世界観がびよ~んと広がって
吸引力が増します!

なんだか

行きたくなってきたかも…



とりあえず
トリック・オア・トリート!のハロウィーンをwikiりました!


カトリックの諸聖人の日(万聖節)の旧称"All Hallows"の前夜祭"eve"(10月31日)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火・送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。
これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。


とある。
お祭りの聖火だと盛り上がって、火をつけちゃうのでしょうか。
トリック・オア・トリート!!と盛り上がって戸口に行って、
防犯意識の強い住民に射殺されちゃう事件がありましたが、どういうことなのでしょうか。


主にアイルランド、イギリス、アメリカ、カナダ、プエルトリコ、ニュージーランド、そしてオーストラリアの一部に広まっている。これらの国ではハロウィンが盛大に開かれるが、プロテスタント信徒が多いせいもあって、その翌日にあたる諸聖人の日には通常、これといった行事は催されない。宗教改革以降、プロテスタント諸国では諸聖人の日が徐々に廃れたため、ハロウィンのみが残された格好になっている。
アメリカの一部の学校では、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、「ハロウィンを行わないように」という通達が出されることがある。
東方教会(正教会・東方諸教会)の広まる地域(東欧・中東など)においてはハロウィンはあまり普及していない。ロンドンにあるロシア正教会の司祭はハロウィンを「死のカルト」であると批判している。またロシアにおいてはロシア教育省が宗教行事の一環であることを理由に、公立学校に対してハロウィンの関連行事を行わないよう通達を出している。
カトリック信徒の多いラテン系諸国(イタリア・スペイン・ポルトガルおよび中南米諸国)でも、あまり普及していない。これらの国においては、諸聖人の日が重要視されており、祝日に制定している国も多い。
ドイツと日本においてはアメリカの大衆文化として一部受容されている(日本については後述)。
また、訪問した子ども達に食品では無いものを故意に渡す人間がいるとの噂が広まり、欧米ではモラルパニックの様相を呈したこともある。


とあります。
宗教的に盛り上がってるところは盛り上がってますが
そうでもないところは、教えられてもいないのでしょう。
日本は、八百万の神信仰の国でしたが
今や多神教というか、アナーキーというか
なんでもありなお国柄なので、よく知らずに
4月~は、花見~で、酒が飲めるぞ~~
のノリなんでしょう。


日本では、この行事は、青少年・児童向けの英語教材やアメリカの映画・テレビドラマなどを通じて、アメリカの子どもたちの行う行事として知られていた。 映画『E.T.』の大ヒットによりハロウィンが再認識され、1990年代以降、首都圏の一部では盛んになった。内容は、子どもらがお菓子を請うことや、仮装パレード(子ども・大人を問わず)の形式をとることが多かった。なお、専らアットホームで明るいイベントとしての性格が強く、お菓子をもらえなかった子どものいたずらなどは導入されていなかった。また、仮装のモチーフも、魔女や小悪魔など怪奇性のあるものも主流だが、それらとて愛らしさが強調されていた。他、日本の妖怪やアニメキャラ(「機動戦士ガンダム」などのロボットアニメ、「ちびまる子ちゃん」など多くの世代に知られるものの他、その時点で子ども〈特に低年齢の女児〉に人気のあるアニメキャラ)など、日本独自のものも多い(中にはただの仮装パレードと化している地域もあった)。パレードとして国内最大のものはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」である。このパレードでは約三千人による仮装パレードで約十万人の人出を数える。


とあります。
なんとも、平和ボケした国だなと思います。
あまりに不勉強な状態で、文化の一側面だけを都合のいいようにとらえていて
バカだなぁと思う。
だけど、僕はバカでよかったなぁと思います。
ちょっと前に参加した、仏壇職人と現職住職さんのトークイベントでは
日本人はとにかく、昔からの文化の慣習が染み込んでいて、どうあっても、頭で理解しても無意識でそれを行ってしまう民族ですと言っていました。
つまり、大事な部分はちゃんと心の奥底にとっておいてるんです。
でも、平和ボケしててバカだから
諸外国文化の楽しい部分だけ抽出して、アレンジして
日々を楽しむ。

それでいいじゃないですか。
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ