さかのぼり 2

高知→東京の移動は
いつになく違和感のある感覚でした。

普段、旅行や遠出をして
東京へ帰ってきた時は

「あ~帰ってきちまったなぁ。
明日からいつもの毎日が待ってるな」

なのですが

今回、
『誰ガタメノ剣~長宗我部元親伝~』
を高知で公演して
東京は羽田に着いたときの感覚は

旅行気分でした。

いや、羽伸ばしっぱなしとか
気が緩んでるとかではなく

さぁ、東京に旅してきたゾ!!

という感じでした。


初めての土地に来た感とでも申しましょうか。

見知らぬ景色を見ていると申しましょうか。


ある人が、
僕が「体の感覚が元にもどらない~」と言ったら、

「素晴らしい時間を経験した心と身体は大きく成長しているから、自分の感覚が追いついてないだけです。」
と仰ってくれた。


なんだかガテンが言った。

僕は「死にかけたサイヤ人が超回復するときのよう」と
てきとーに形容した。ごめんなさい。



高知ではたくさんの経験値を頂きました。

一度のお祭り気分にするのではなく
何度でも起こせる人間になれるよう
僕の感覚が喚起していたのでしょうか?

だから東京が知らない土地であり、楽しい土地に変化していたのかもしれないです。


答えはなんだかわかりませんが

日々精進につきますね。


がんばろう~!
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ