とあるワークショップ記事

mixiやっててなんとなく見たコミュニティに載ってた
とある演劇ワークショップの記事。
いつも僕らがなんと表現すればいいのか解らない部分とかを
伝わりやすくとらえてる気がするので転記します。
コピペは著作けんとかありそうだから
ちょい改ざん


●●●●●
どうすれば人の心を動かす演技ができるのか?
どうすれば緊張しなくなるのか?
わざとらしくない演技をするには?
どうすれば泣けるのか?
自分とかけ離れた役を演じるには?
障害のある役を演じるには?等など

「メソッド」を通してそれらの疑問を解決し、
感性豊かな楽器(心身)を創り究極の真実への道を探求する。

俳優にとって一番大切なのは感受性です。
まず、「死」に対してひたむきに向かい合います。
そうすると「生」に対して強く向き合うことができます。
それによって「命」がはっきりしてきます。
その「命」をベースに感受性を磨き、
世界に一つしかない素敵な楽器を磨いていきます。
それがあっての「メソッド」であり、それがなければ「真の表現」はありえません。


ね。


僕は役者がやらなきゃならないことは
お客さんを感動させる、つまり心を揺り動かしてあげる事だと思う。
泣かせるということだけではない。
爆笑させることもそうだし
ジャニーズとかのよう疑似恋愛させるのも感動だとおもう。
とにかく
ドキドキさせてあげる事。


その為には命のほとばしりが必要なんだよね。
人は頭脳が長けた生命体だけどやっぱり獣だから
本能に訴えかける「感動」は
面白い!と理解する以上に内部へえぐり込まれると思う。


その為には…
やっぱり「ウソ」をつかない事なんだろうねぇ…。







自己探求と感受性のグレードアップ
テクニックやギミックはそのおまけにすぎない。

コメントの投稿

非公開コメント

(・ω・)ンッ?

あれれ?何も書いていない!?(・ω・)ンッ?
・・・と思ったら、チャンと書いておりましたね。
著作権の関係で、わざと色を消していたんですね!(・∀・;アセ

え?消してないと思いますよ~
友人にブログだとコメントしずらいからmixiで日記にしようよ~
と言われ、でもmixiだとmixiやってる人しかみられないしなぁとか思いつつ
迷っています。
うまいやりかた無いですかね~

ごめん!

ごん太♪のPC設定が間違っていたみたい。(・∀・;アセアセ
ごめんなさい!チャンと見れました♪
mixi日記からblogにLINKしている方って多いですよね。
当分はコレでOKなのでは?(^0^)
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ