レム睡眠でした

前回のブログでウソをつきました。

夢を見られるのがノンレム睡眠と書きましたが
レム睡眠でした。
だまされないよーに!

すいません、またウソをつきました。
僕が間違えただけです。
ご指摘を受け、直すこともせず、こんな形で発表となりましたことお許しください。
夢を見るのはレム睡眠です。


趣味はレム睡眠。これはあながち間違えではないので直しません。
ノンレム睡眠中は脳波も安定し、身体においてとても有益な安息が得られるのですが、
レム睡眠はレム睡眠で、夢を見せることにより精神的な解放を与え、ある種、解脱に近い、超越感があると思います。
ややこしい事いってますが、夢は楽しいですね。こういう事です。


みなさんはどんなおもしろ夢エピソードをお持ちですか?


僕もいくつかありますが、そのうちの一つをお話します。

夢を見始めたとたん、僕は僕自身がそれだと気付いたわけですが、
僕は、夢の中で、悪の組織と戦う五人組の一人なんですね。
色はブラック。
で、ある日、戦う場面にでくわしました。
そりゃ当然です。僕は正義の五人組の一人なんですから。
で「よし!変身するぞ!」と誰かが叫びました。たぶん赤い人が。
で、変身するわけですが
どういう訳か、僕だけ、そこの路地を曲がったトコロに停めてある
一台の乗用車に乗り込むんです。
で、何するかというと
着替えるんです。いそいそと。
黒い全身タイツ風のものに、急いで。
??
僕自身??ですが、路地の向こうでは0.0000何秒で変身を終え、
自力で変身をしようとしている僕を待つ余裕もなく
悪の何者かと戦わねばならぬ仲間が、そして敵がいるのですから
必死で着替えます。
ごく普通の乗用車の後部座席なので
脱ぐのも一苦労
着るのも一苦労で、
なかなか着替えがスムーズにいきません。
えらい苦労して、なんとか着替えが終了し、
やべーやべー遅くなったと、でも颯爽と現場に現れた僕でしたが
待っていたのは夕日でした。
どうやら戦いも何もかもが終わり、よい子も家へ帰り、
僕一人、ぽつんと煌々と照らされる。
「寂し!」と思った瞬間、目がさめました。


次回は「パーマン一号となりブービーと空を飛ぶが、高度がなかなか上がらず、海に落ちるか落ちないかを必死で飛び続けるの巻」をお贈りします。

だれか夢判断してください~~。

コメントの投稿

非公開コメント

ブラック似合いそ~!!

何故に千田さんだけ普通に着がえですか?
全身タイツ風なら次回からは常に着込んでおくしかないですね!!“スーパーマン”みたいに(笑)

夢判断はできないけれど
千ちゃんが信じる自分を感じれた時、夢の内容も変わるかも……
日々○○ネ
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ