『私に吹いた季節風~漢那悦子編~』

僕の中ではずっと
かりん=漢那さんだった。

あんなに不器用で、
あんなにマイペースで、
あんなにエネルギーが奇妙で
あんなにコロコロしてる人はそうそういない。

僕は
初演、再演、再々演にて帝都運送という役でかりんとやりあっている。

あんなにバカにしやすく
あんなに少女で涙もろく
あんなに急にお姉さんになるひとはそうそういない。

ただ漢那悦子をいじくればシーンが出来上がりました。


そういう意味で、今回の『葡萄酒いろのミストラル』は、以前のものとは違う新作だ。
市場法子がかりんを引き継ぎ、好演してくれた。
僕の演じる帝都運送は、以前とは違う帝都運送だった。
市場は市場のかりんがある。

それを見ている漢那悦子はまるでお母さんのようだった。
我が子の成長を微笑ましい顔をして見ていました。
それを僕らが見ていました。

一子相伝。

そんな感じです。
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ