旅の醍醐味は?

演劇と旅って似てるなぁ

と感じてから、一気に旅が身近に感じるようになって来ました。
旅というと、親に連れられて〜
とか、仲間たちと盛り上がって〜
という印象が強かったのですが、
仕事やコミュニケーションとしてではなく
自分自身のために「旅」をするということの面白さが見えてきた気がします。

旅にいけばそこにしかない風景に出会える。

そんな印象です。
美味しい食べ物であったり、味のある乗り物、運ばれてくる香り、独特な人々。
面白いですね。

そのどれがとも、僕の場合、言いがたいのですが
TVや本では味わうことのできないライブのエネルギーが、ダイレクトに伝わってくる
また新しいものが流れ込んでくる。
その感覚が嬉しいです。

あと、実際に足を使って体験した距離であるとか、疲れであるとか。
旅人の数だけ視点があるので
たぶん、自分にしか気づかないであろう発見であるとか。
だから、何度でも同じまちへ旅しに来ることができたりします。

というか、一回でまわれるほど、日本や世界は狭くないですね〜

数年前に高知に一人でいったときの
徒歩とダッシュで蹂躙した日々を思い出しますね。
夕日と追いかけっこ。
やりましたなぁ。
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ