鉄道博物館に行って来ました!

re_IMG_5936.jpg


いやはや。

鉄道という鉄道が僕を待ってくれていたような、衝撃の景色!


鉄道博物館へ行って来ました!

re_IMG_5886.jpg


今回『樽見鉄道スリーナイン』という
走る鉄道の中でお芝居をするという
生の鉄道、景色、空気、四季、
とにかく臨場感たっぷりのぜいたくな舞台に負けてられません!
いてもたってもいられず、少しでも鉄道に触れに!

「鉄」という言葉が今や浸透しており
それは「鉄道」の事を指しますが
僕の感じた「鉄」はまさにそのまま「鉄」でした!

re_IMG_5899.jpg


こんな「鉄」の塊を動かすのに、これだけの文化の粋が結集していて
ガイドのおじさまが熱っぽくいろいろ教えてくれました。

わーい(^O^)/わーい(^O^)/鉄道かっちょいい〜(^O^)/わーい(^O^)/

そんな、甘っちょろい世界ではありませんでした!!

re_IMG_5930.jpg

鉄道が生まれ、鉄道が発展し、鉄道が浸透し、人々の暮らしも人生もかわった。
当初は運賃はバカ高く、とてもじゃないけどおいそれと乗れない代物。
しかし、その運搬速度の早さから、人々にとっての「時間」の概念が変わっていったといいます。

夢の超特急「新幹線」!まさに夢の結晶。
家族も仕事も国も、ほんとうに夢を乗せていた。
200km/hというすさまじい速度も、現代では300km/hを超えます!
夢はどんどん高くなり、どんどん広がっている!

夢を追うばかり、消え行く夢もある。
しかし消させぬ夢。だからこそブルートレインの引退が続くのは哀しい。

それでも進化し、夢は大きく膨らんでいく。まだまだ。

そういったことが充満した空間でありました。

re_IMG_5915.jpg


今度ぼくは、一両の鉄道の中でお芝居をする。
いわゆるローカル鉄道と呼ばれているが、夢への違いは微塵もない。
むしろ人の温もりのある「鉄」である。

樽見鉄道という共演者、いわゆる戦友とともに、そこでしか見られない作品を上演する。


re_IMG_5954.jpg



鉄道だらけの広場を後にし
鉄道の仕組みを学べるコーナーへ行きましたが
そこがまた楽しかったなぁ!
ほんの小さな工夫。かすかでも便利にとの試行錯誤。その繰り返しで現代の超〜快適な鉄道がある。
「努力」コツコツ。それでしかない。

re_IMG_5955.jpg

どうやったらより便利に物を運べるか?を身をもって学べる

re_IMG_5956.jpg

カーブで脱輪しないためには?を比べられる

re_IMG_5962.jpg

押すといろいろ起きるボタンいっぱい



鉄道好きも、そうでない人も、身近な鉄道を以って心に訴えかけてくる場所。
ぜひぜひ遊びにいってみてね。僕が行った鉄道博物館は大宮でしたが、いろんな町にあるのでね!


re_IMG_5974.jpg

re_IMG_5894.jpg

re_IMG_5896.jpg

re_IMG_5971.jpg

re_IMG_5883.jpg

re_IMG_5902.jpg

re_IMG_5937.jpg

re_IMG_5963.jpg

re_IMG_5909.jpg

re_IMG_5924.jpg

re_IMG_5923.jpg

re_IMG_5887.jpg

re_IMG_5882.jpg
プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ