鍵にまつわるエトセトラ

小さい頃は鍵っ子でした。



ほんの数年の間でしたが

朝、学校に行く前に、紐にくくられた鍵を首に掛け、

ぷらぷらさせながら学校生活を送る。

ずっと首についてるもんだから、今で言うと携帯電話並みに、ずっと鍵をいじってました。

ペンを回す代わりに鍵を回してました。



回し過ぎて飛んでっちゃったりしたり、

テキトーにそこらの扉を開けようと試みるもんだから、変形しかけて自宅のドアを開けるのに苦労するようになったり、

走り回って、紐引っ掛けて、首吊りそうになったり。

まーーー、いろんな体験をしました。

最近は物騒だという事もあり、首から鍵かけてる子供を見ないですね。

鍵っ子って、なんとなく世間のイメージが、「寂しい」「まずしい」「孤独」などなど、かわいそうなイメージが先行するようですけど、



実際の僕はそんな事もなく、

例にもれずの男の子だったので、首に掛かったそれはまるで何かへの変身アイテムかのように特別に写ったものです。


プロフィール

千田剛士

最新記事
リンク
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒(ぶら)っく もみじ