花より、部屋を見回す

せんだです。
こんにちわ!

春到来でございますね!
皆さん、桜見ましたか??
すぐ散っちゃうのが桜の儚さ、されど桜の美しさでございます。
僕は、毎年かならず見る桜がありまして、
今年もなんとかノルマクリアしました。
少し、枝を切られてて、寂しくも思いました。
しかし来年は少し成長し、また満々の花びらと桜吹雪を見せてくれるでしょう。
それまでに、僕も少しでも成長した姿を見せられるよう、頑張りたいと思います。
ガンバ!

とまぁ
まるでシメのようなコメントからスタートしましたが
寒くて震える日々を、ただただ、布団にくるまり過ごした冬。
まるで羽化を迎える蝶のように、とうとうそこから抜け出して参りました。
・・・。
ようやく布団から出られただけですが・・・。

そんなわけで、ふと部屋を見回すと
まぁーーーー
ごちゃごちゃです。
一季節、過ごしてしまいましたからね。

片付けました。

あああああ

そこで困り果てるのが、毎度毎度のことなのですが
どうしても捨てられないモノ
一位 服
二位 本
三位 よくわからない土産物
です。

減りゃしません。
だいぶ整理したのですが、本来よりそっと一回り、部屋が狭くなっています。

ひとまず、今回も、大きめのゴミ袋をひとつ作るほどには至りましたが
断捨離にはほど遠い・・・

ふぅ。

ただ、面白いものも発掘しました。

たぶん、小学生になる前のものでしょう。
「ドラえもん傑作選」を見つけました。
多分、何かの雑誌の付録についていたもの。
そこに、1ページに一文字づつ、「あ」〜五十音が描かれていました。
読みずらい!でも、記憶はございませんが、心はほっこりしました。

過去の公演でいただいた、記念のTシャツがどしどし出てきました。
自分の歴史の産物ですし、仲間との思い出でもある。
中には随分とよれよれになっているものもあり、その日々が思い出されました。

兄や母の、きっと買った覚えもないであろう、カバンや小物が出てきました。
そっと、欲しいものだけ頂きました。

桜の樹の下には屍体が埋まっているといいますが、
僕の部屋には、僕をつくりあげていったモノたちが埋まっていました。
春だからこそ、よし一気にやろう!と発掘作業ができました。

出てきたから何と言うこともないが
自分のことを、こんな形で見ることが出来て、なんだかホッとしました。
僕にはちゃんと過去があった。

ただ、あれですね。

部屋をもう少し、すっきりとさせたい!
プロフィール

千田剛士

リンク
最新記事
出演動画

シアターキューブリック
『誰ガタメノ剣』
2010年 紀伊國屋サザンシアター


シアターキューブリック
『ベイクド・マンション』
2009年 シアターサンモール


シアターキューブリック
『銚電スリーナイン』
2008年 銚子電鉄車内
天気予報

-天気予報コム- -FC2-